「そもそも◯◯とは何か?」ということを考えることの意味

人材育成とは何か?

社長さんと話をしていると、たまにこんな話になります。
「そもそも、人材育成とは何か?」

このような言葉の定義を考えることは、
正解のある話ではないため、話はつきません。

飲みの席であれば、気楽に、

「人材育成とは、愛だ!」

と、答えたり。

現場のリーダーへのマンツーマン指導であれば、

「人材育成とは、一人ひとりの『真の課題』を発見し、気づかせ、行動変容に導くこと。そのために、必要なことに優先順位をつけ、実行することです」

というように、独自の定義を伝えたり。

あなたなら、どのように定義づけますか?
ぜひ考えてみてください。

言葉が明確になると・・・

本題はここからです。
このように、定義を考えることに
何の意味があるのか?
ということです。

飲みの席での話題の一つといえば、
それでもいいですが、、、

もっと重要な意味があります。

わたしが言葉の定義を
強く意識したきっかけがありました。

それは、ある言葉との出会いです。

言葉が曖昧だと、
行動も曖昧になり、
成果も曖昧になる。

言葉が明確だと、
行動も明確になり、
成果も明確にでる。

この言葉は、当時の迷っていた私の心を
ズッキューンと打ち抜きました。

この言葉に出会ってから、
日々言葉を磨くにように。。。

マネジメントとは何か?
リーダーシップとは何か?
適切な教育と何か?
自立とは何か?
目標とは何か?

こういった言葉の意味を
ぜひご自身でも考えてみてください。

でも、こういった話題は
嫌う人もいるので、ご注意を。

関連記事

  1. 強いリーダーにはならなくていいが、◯◯に弱いリーダーにだけはなってはい…

  2. 人材育成の本を読んでも活かされない理由

facebook購読はこちらから

最近の記事