ただ知識を増やすだけの、頭でっかちになる講座ではありません。職場の『社内教育の方向性』を再検討する時間です。ぜひマネジャーやリーダー候補の方と一緒にお越しください。「自分(自社)だったらどうか?」と常に考えながら、時には話し合いながら、その場で”次の一手”が見えてくるからです。2時間で翌日から即実行することが見つかることをお約束します。

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]できる!社内教育講座に申し込む[/btn]

日本唯一の職場の家庭教師です。

こんにちは、津田勝仁と申します。
わたしは日本唯一の『職場の家庭教師』です。

職場のマネジャーやリーダーの皆様に、部下育成やマネジメントの個別指導をしています。

具体的には、

「部下から慕われてません。。。」
「ミスが多い社員はどうしたらいいでしょう?」
「仕事が覚えられない社員で困ってます」
「これって、わたしが悪いんですか?」
「社内の空気がピリピリしてて、居心地悪い」
「◯◯さんがいた頃は良かったんですけどね」
「会議で意見がまったく出ません」
「やる気がない社員の対応で困ってます」
「言われたことしかやらないんです!!」
「決まったことが守られていないです・・・」
「仕事が忙しすぎて、管理する余裕がない!」
「正直わたしは諦めています」
「どうせやっても変わらないと思います」
「わたしは悪くありません!そもそも、、、」

このような現場のリアルな声に耳を傾け、どうすれば改善に向かうのかをお伝えしています。

わたしが従業員を変えるのではありません。職場の皆さんがご自身で対応できるように指導をしています。まさに家庭教師のようなスタイルです。

人材育成の本は、使えない?

世に出ている人材育成の本やセミナーの多くは、使えません。正しくは、使えるが、使えません。なぜなら、大企業や中規模企業を想定した内容が多いからです。

これは、仕方がありません。研修やコンサルティングを受ける企業の多くが、大企業や中規模企業だからです。そういった本を読む読者層を想定しても、自然とそうなります。

しかし、日本の会社の85.1%は、従業員5〜20名の小規模事業者です。

あまり状態がよくない職場だと、「人の話は聞かない」「約束は守らない」「平気で陰口を言う」。このようなことが日常茶飯事です。とても人が育つ環境にありません。

そこまで酷くなくても、「会社の方針に協力的でない」「遠慮やあきらめ感が漂っている」「ちょっと他人事のような態度」がある職場は少なくありません。この状態を放置して、人材育成の本をかじったところで、何の変化もありません。

言い過ぎでしょうか?

これは本が悪いのではありません。抱えている問題とマッチしていないだけです。算数で悩んでいる子に、数学の教科書を渡すようなものです。

ノウハウではなく、考え方を学ぶ

本や研修で知識やノウハウを学んで、実際に行動できる人はどれだけいるでしょうか?

わたしの経験値ですが、フォローせずに放っておいたら5%です。(20人に1人)
さらにそれを継続する人はもっと少ないでしょう。

なぜか?

それは、根本的な考え方が変わっていないからです。

「わかる」と「できる」は違います。
「継続できる」はもっと違います。

あなたの考え方に、確実なインパクトを与えることをお約束します。

この講座の特徴

【1】専門用語ゼロ
小5でもわかる言葉、直感でわかる言葉を中心に使います。専門性の高い内容も、あえて平易な表現に変えています。「自分(自社)だったらどうか?」を考えることに集中してほしいからです。わたしがお伝えすることではなく、皆さんが気づいたことに価値があります。

【2】できるがゴール
タイトルにもあるように、「できる」ことを狙った講座です。やり方がわかって、頭でっかちになっても何も変わりません。まずは、「これをやろう!」という強い意志で職場に戻っていただきます。

【3】教えることを想定した内容
わたしがつくる講座の最大の特徴は、「すぐ真似できる」というところです。ご自身で実践するのは当然として、職場に戻ったら部下や同僚の方々に教えていただきたいと思います。資料もすべて差し上げています。

講座でお伝えすること

・結局、社内教育は何をすればいいのか?
・「離職率を下げて、生産性を上げる」ってどうやるの?
・新人と中堅の育て方の根本的な違い
・教育担当者自身のストレス管理はどうするか?
・全員の意見が出て、合意が得られる会議のやり方
・優秀なマネージャーが無意識にやっていることは3つだけ
・自ら考えて行動できる「自走型社員」を育てる仕組み
・社長の右腕はどうやって育てるか?

※教育効果を高めるために、内容を一部変更することがあります。

講師プロフィール

日本唯一の職場の家庭教師
津田 勝仁(つだ かつひと)

小さな職場の教育担当者育成の専門家。学習塾業界で13年間、受験指導、講師育成、社内研修すべてに携わる。教育の原理原則に則った『マンツーマン指導術』を駆使して『自ら考えて行動する社員』『人を育てる仕組みづくり』に成功する。社員の生産性やモチベーションが、成果に直結する職場を得意とし、個人指導700名、のべ35,000名の指導実績がある。「わかりやすく、シンプルで、即実践できる」をモットーに、シンプルな教育指導法を大切にしている。個別指導塾で培った、一人一人の強みを引き出し、目標達成へ導く、きめ細やかな教育スタイルには定評がある。人を育てるという本質的なテーマのため、業種業態は選ばず、教育サービス業、歯科医院、清掃業、介護事業、映像制作、新聞販売店、飲食業、アパレル産業、保険営業、公立小学校など多岐に渡る。

講座の詳細

<日時・場所>
注:刈谷と金山で開始時間が異なります。

【刈谷会場】
平成30年2月27日(火)19:30〜21:30(受付開始19:10〜)
刈谷産業振興センター 304会議室
(愛知県刈谷市相生町1丁目1−6)
※JR刈谷駅(北口)・名鉄刈谷駅(北口)から徒歩3分

【金山会場】
平成30年3月1日(木)19:00〜21:00(受付開始18:40〜)
金山駅近郊の会議室(徒歩圏内です)
※お申し込みいただいた方にご案内いたします。

<定員>
各会場 12名

<受講料>
お一人¥8,000(資料代含・税込)

<キャンセルポリシー>
キャンセルにつきましては講座3日前までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

<お問い合わせ>
ご不明な点があれば、自走教育マネジメント 津田までご連絡ください。
mail@katsuhitotsuda.com

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]できる!社内教育講座に申し込む[/btn]

最後に

わたしには今後10年、20年かけてやる仕事があります。

それは、「すべての人が、適切な教育が受けられる社会をつくる」ことです。

残念ながら、世の中には不適切な教育が溢れかえっています。

ある労働者調査によると、
従業員10名未満の会社に勤務する従業員の
34.2%はOJTの経験がないそうです。

つまり、適切な教育を受けれないまま、
職場で仕事をしているということです。

では、残りの6割は適切な教育を受けれているか?
といえばそうでもありません。

【従業員10名未満の場合】
仕事のやり方を実際に見せてもらった・・・28.1%
身につけるべき知識や能力を示された・・・14.9%
仕事について相談に乗ってもらったり助言を受けた・・・16.5%
仕事を振り返る機会があった・・・1.1%

仕事を示さず、助言せず、振り返らず、、、
これで人が育つのでしょうか?

今回の講座の内容を実践するだけでも効果があります。

完璧な教育を目指す必要はありません。
ですが、適切な教育を目指す必要はあります。

会社を動かしているのは、人だからです。

直接お会いできるのを楽しみにしております。

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]できる!社内教育講座に申し込む[/btn]