天国と地獄タイプの傾向と対策

<天国と地獄タイプの概要>
あなたの職場は、積極的な従業員と消極的な従業員で二極化している可能性が高いです。その結果、お互いに相談がしづらかったり、成果を出せない人が1人で悩んでいる可能性があります。ですが、これはあなたの能力の問題ではなく、職場マネジメントの仕組みの問題です。まずは、経営者とマネージャーが考え方を変え、従業員への個別の声かけや面談をすることが、今いる社員を育てる第一歩です。

あなたは以下の質問に「YES」と回答しました。
◆ グループや派閥があり、職場の一体感がない。
◆ 職場のルールを破っても、適当に流されることがある。
◆ お昼ご飯を1人ぼっちで食べている社員がいる。
これらの項目が当てはまる場合、
従業員の中がいい反面、お互いに注意や指摘がしづらかったり、職場のリーダー格が1人で悩んでいる可能性があります。

<天国と地獄タイプの傾向と対策>
一人ひとりとコミュニケーションは取れていますか?
目標を持たずに仕事をしていませんか?
適当なあいさつになっていませんか?
まずは、コミュニケーションをとる機会を増やし、明確になっていないルールの見直しをしましょう

次のような取り組みが効果的です。
・気持ちの良いあいさつをリーダーから実践する
・面談を実施し、一人ひとりに期待感を伝える
・気になっていることをヒアリングし、流さず対処する
・決定したことは目に見えるように掲示する
・全員で清掃や整理整頓をする時間をつくる
・良いところを認め、できていないことは冷静に指摘する
・サンキューカードなど、お互いの感謝を伝える取り組みを実施する

facebook購読はこちらから

最近の記事