なかよし文化部タイプの傾向と対策

<なかよし文化部タイプの概要>
あなたの職場は、従業員の仲が良く、楽しい雰囲気があるかもしれません。その反面、お互いに注意や指摘がしづらかったり、職場のリーダー格が1人で悩んでいる可能性があります。ですが、これはあなたの能力の問題ではなく、職場マネジメントの仕組みの問題です。まずは、マネージャーが考え方を変え、職場ルールの見直しや徹底の仕方を、従業員と一緒に話し合うことが、今いる社員を育てることにつながります。

あなたは以下の質問に「YES」と回答しました。
◆ 職場の人と仕事以外の話でよく盛り上がる。
◆ 定着していない職場のルールがある。
◆ 一匹オオカミタイプで浮いている社員がいる。
これらの項目が当てはまる場合、
従業員の中がいい反面、お互いに注意や指摘がしづらかったり、職場のリーダー格が1人で悩んでいる可能性があります。

<なかよし文化部タイプの傾向と対策>
ミーティングや会議の時間は守られていますか?
守るべきルールの基準とチェック機能はありますか?
組織として目指すビジョンや方向性は明確になっていますか?
まずは、職場の規律を整えることから始めるといいでしょう。

次のような取り組みが効果的です。
・ミーティングや会議は、遅れてくる人を待たず、時間通りに始める
・曖昧になっているルールの基準を皆で話し合って決める
・決まったルールを見えるところに張り、皆で忘れないようにする
・ルールが守られているかどうかの確認を定例の会議やミーティングでチェックする
・クレームや業務ミスは、全員で共有する
・全員で5分でも清掃をする(協働作業をする)
・組織の目標を掲げ、目指すゴールを共有する

facebook購読はこちらから

最近の記事