部下の成長を判断する「3つの視点」

あなたは部下の成長を、
どこで判断しているでしょうか?

営業成績でしょうか?
クライアントの反応でしょうか?
見た目の雰囲気でしょうか?

ビジネスの現場では、結果が全てですが、
人材育成をショートカットすることはできません。

社長は結果だけを見ればいいですが、
直接、部下と関わるリーダーはそれではダメです。

部下の成長を多面的に見ながら
育成していきましょう。

判断するポイントは次の3つです。

  1. 行動の変化
  2. 思考の変化
  3. 関係性の変化

部下の成長①:行動の変化

行動は、周りから見ても変化がわかりやすいです。

  • 計画やTo Doリストの行動が実践できた
  • 会議での発言が増えた
  • お客様への対応が丁寧になった

変化がわかりやすいため、
気づくことが多い反面、
それだけで評価を下してしまいがちです。

部下の成長②:思考の変化

思考は、ぱっと見るだけではわかりません。

  • 自分の行動や思考を深く考えているか?
  • 客観的に捉えられるか?
  • 内省できているか?

頭の中を見ることは出来ませんので、
部下が発信する言葉や反応に着目します。

成長し続ける人は内省できている人です。

日々の発言や日報の文面からも見えてきます。
質問した際の返答で、気づくこともありますね。

部下の成長③:関係性の変化

関係性は、他者とどれだけ学びあったか、
そういった場をつくっているかという点です。

孤軍奮闘するのであれば、
チームや会社組織である必要はありません。

  • 声かけが増えた
  • 協力や支援する意識がでてきている
  • 同僚や新人の相談にのっている

周りとの関わり方を観察してみましょう。

気づいた変化を部下に伝えましょう。

気づいたときに、即フィードバック
これが原則です。

あなたのその一言が、部下の成長を
応援することに繋がっています!

関連記事

  1. 成果を出すOJTリーダーは失敗への向き合い方を教えている

  2. 問題社員への対応でリーダーが気をつけなければならないこと

  3. 職場のコミュニケーション量は増やすな!!

  4. 教わり方の技術 〜 なぜ、同じことを教わっても成果に差が出るのか?

  5. 1分で部下の問題解決思考を育てる方法

  6. 人を育てられないリーダーから脱却する第一歩

  7. アドバイスの教育効果を上げるかんたんな方法

  8. 「仕事ができない部下」を成長させる前に、リーダーがやるべきこと

facebook購読はこちらから

最近の記事