「部下の行動が変わらない、動かない」と悩むリーダーへの処方箋

「何回言っても、変わらない」
「注意しないと、動かない」

部下の行動が変わらない、動かないという悩み
リーダーであれば一度は経験したことがあるはず。

大人も子供も、基本的に指図されるのを嫌います。

しかし、受け身であったり主体性に欠けると、
具体的に支持しないと動かない。

『なんとも、困ったものだ・・・』
わたしも、よく思っていました。

人は言われたことより、気づいたことを大切にする。

あれこれ言うより、気づかせる。
教育効果を狙うなら、気づかせる。

「上司に言われたから、やる」
のではなく、
「自分で気づいたから、やる」

では、どうしたら気づいてくれるのでしょう?

誤った行動や考えをしている部下を
放っておいて、泳がせているリーダーがいます。

これは、やめておいたほうがいいです。

「気づくのを待っているんです」
意気揚々とおっしゃられていますが、
良くなるケースはほぼありません。

見守ることと、放って泳がせることは違うのです。

前者は、見守っていれば “できるだろう” と思っていますが、
後者は、泳がせながら “なぜできない” と思っています。

泳がせているリーダーは
そもそも、相手に期待していないのです。
「ほら、できていない!」
というために待っているようなもの。

これでは、人を育てることはできません。

気づかせる方法は、フィードバック

難しく考える必要はありません。

やり方はシンプルです。

「共感+質問」だけ。

例えば、

成功したときは、

「お、うまくいったじゃないか! 嬉しいね〜」(共感)

「なぜ、うまくいったかな? 何か変えたのか?」(質問)

 

失敗したときは、

「どうした、うまくいかなくて困っているのか。誰でも最初は失敗するものだ」(共感)

「では、どうすればよかったのかな? もしやり直せるなら、どうする?」(質問)

まずは、これだけでOKです。

フィードバックには、人に気づかせる力があるのです。

ただ指示するだけのリーダーと、
共感+質問で考えさせ、気づかせるリーダー。

どちらがいいでしょう?

フィードバックをして、気づかせることを重視してみてください。

関連記事

  1. 人を育てられないリーダーから脱却する第一歩

  2. OJTからはじめよう!中小企業の人材育成の基本

  3. アドバイスの教育効果を上げるかんたんな方法

  4. 職場のコミュニケーション量は増やすな!!

  5. 教わり方の技術 〜 なぜ、同じことを教わっても成果に差が出るのか?

  6. 1分で部下の問題解決思考を育てる方法

  7. 問題社員への対応でリーダーが気をつけなければならないこと

  8. 嫌われる勇気ではなく、嫌われる覚悟

facebook購読はこちらから

最近の記事